tempAP146186706591--nfl_mezz_1280_1024

激闘のスーパーボウルも終わり、いよいよ来シーズンに向けた動きが本格化していきます。

新HCの人事も、あとは正式発表を待つだけといったところ。
シアトルのDC Dan Quinnがほぼ内定している状況で、今週中に正式な発表があるだろうとのこと。



新体制でのチームづくりにあたって、今オフにFAとなる選手をまとめておきます。
チームでは今オフ、無制限FA(UFA)が19名、制限付きFA(RFA)が1名、独占権FA(EFA)が2名となります。
リーグ新年度は3月10日午後4時からとなっており、UFAの選手は他チームと契約ができるようになります。

・UFA

オフェンス
T.J. Yates, QB
Jacquizz Rodgers,RB
Antone Smith, RB
Eric Weems, WR
Bear Pascoe, TE
Mike Johonson, OL
Gabe Carimi, OL
Jonathan Scott, OL

ディフェンス
Kory Biermann, DE/LB
Cliff Mathews, DE
Corey Peters, DT
Sean Weatherspoon, LB
Robert McLain, CB
Josh Wilson, CB
Lavier Arenas, CB
Charles Godfrey, S
Dwight Lowery, S

スペシャルチーム
Matt Bryant, K


・RFA
Drew Davis, WR


・EFA
Patrick DiMarco, FB
Nate Stupar, LB


UFAとなる選手のうち、最優先で再契約すべきはK Matt Bryant、RB Jacquizz Rodgers、DT Corey Petersあたりではないでしょうか。
その他の選手は、HCが変わることもあり、誰が放出されても不思議ではないと思います。
特にリーグ最低レベルに終わったディフェンスは、大きなテコ入れあるのでしょう。

今オフ、チームはHC、OC、DCが総入れ替えとなります。
現有戦力を活かしながらすぐにでもプレーオフを狙う補強をするのか、大幅に選手を入れ替えて数年先を見据えた再建期に入るのか。
新HCがどのようなビジョンを示すのかが注目です。




[ニュースソース]
NFL 2015 Atlanta Falcons free agents - ESPN