Dan QuinnのHC就任に続き、その他のコーチ人事が発表されました。



新しく契約となったコーチは以下のとおり。
Offensive Coordinator:Kyle Shanahan
Defensive Coordinator:Richard Smith
Assistant Head Coach/Defensive Passing Game Coordinator:Raheem Morris
RB Coach:Bobby Tuner
Offensive Assistant:Mike LaFleur


また、留任となったコーチは以下のとおり。
Special Teams Coordinator:Keith Armstrong
DL Coach:Bryan Cox
TE Coach:Wade Harman
WR Coach:Terry Robiskie
Assistant Special Teams Coach:Eric Sutulovich


OCとなるShanahanは、2006年にHOUでコーチとしてのキャリアをスタートさせ、WRコーチ、QBコーチを経てOCへ昇進。
その後は父Mike Shanahanの下、2010年からWASのOCとして4シーズンを過ごし、2014シーズンはCLEのOCとして1試合平均324.6ydを記録しました。
昨シーズンのCLEではQB人事で迷走したものの、4年目WR Andrew Hawkinsがレシーブ回数、レシーブ・ヤードでキャリアハイ。
ランオフェンスはRB Terrance WestとRB Isaiah Crowell合わせてラン1回平均4yd以上の成績を残しています。


DCとなるSmithは当時のオイラーズの他にDET、MIA、HOU、CARでのコーチ経験があり、最近の4年間はDENのLBコーチを務めていました。
指導した選手からは、3度選出されたLB Von Millerを含め9人のプロボウラーを輩出しています。


その他、Morris、TurnerはWASで、LaFleurはCLEでShanahanと同僚だった時期があります。
ディフェンス出身のQuinnに対して、オフェンスはShanahanを中心にした人脈で固めたようです。


[ニュースソース]
Falcons Announce Several Assistant Coaches