新しく来る者あれば、去る者もありということで、プロスポーツのビジネスの側面を強く感じるタイミングでのニュースとなりました。


FB Collin Mooneyと契約


FB Collin Mooney Age:29
5'10 - 247lbs.(178cm - 112kg)
陸軍士官学校を卒業し3年間の兵役後、2012ドラフトのUDFAとしてTENと契約。
2年間プレーし、2014シーズン開幕前にカット。

契約内容は、サインボーナス無しの2年総額1.11M、各年のベースサラリーはベテランミニマムのようです。


FBのポジションでは今オフにPatrick DiMarcoと新しく2年契約を結んだばかりで、MooneyはDiMarcoの競争相手兼相談役として呼ばれたのでしょう。
もちろん競争に勝てばMooneyをロースターに残しますが、サインボーナスをもらっている契約を考えてもDiMarcoの方が現時点での評価は高いとみて間違いないでしょう。
FBの枠は恐らく「1」。
UDFAも含めた激しい競争が予想されます。

5名をカット


上のトピックとは前後しますが、ドラフト2目の5/1に5名、ドラフト後の5/3に1名の選手をカットしました。

・TE Kyle Miller
・S Brandon Bishop
・OL Reid Fragel
・CB Jordan Mabin
・LB/DE Jacques Smith
・RB Ronnie Wingo


いずれも、PSやロースター当落上の選手で、ポジションの層が補強によって厚くなる中でのカット。
特にSmithはチームのキャンプを取材したドキュメンタリー番組「Hard Knocks」で、ルーキーながらベテラン選手を挑発したりとハングリーな姿勢が印象的でした。
コーチ陣からも注目されていましたが、練習中の怪我でNFLのフィールドに立つこと無くシーズンエンドとなっていました。
後にPSで拾われますが、新しいルーキーを迎えるにあたり、前政権の遺産として解雇という憂き目にあってしまいました。