image

スーパーボウル開催地にアトランタが決定

Atlanta Selected to Host Super Bowl LIII

先日行われたオーナー会議において、アトランタが第53回スーパーボウルの開催地に選ばれました。
もちろん、2017年6月にオープン予定の新スタジアム「メルセデスベンツ・スタジアム」が会場となります。
アトランタでSBが開催されるのは2000年の第34回SB以来となります。
DQ就任4年目となるシーズンですが、ファルコンズはSB開催地の呪いを打ち破ることができるでしょうか。

OTA怪我人情報

Falcons Injury Update Following First OTA Session

各チームでオフシーズンのプログラムが進行していますが、ファルコンズも今週からOTA(Organized Team Activity=チーム全体練習)が始まっています。
OTAではパッドを付けてのコンタクトは禁止されていて、ポジションごとのドリルや簡単なプレー合わせが中心になります。
怪我により初日の練習に参加しなかったのは、WRデビン・ヘスター(足)、OGクリス・チェスター(肩)、Cジェイムス・ストーン(膝)、DTグレイディ・ジャレット(膝)でした。
また、DEエイドリアン・クレイボーン(胸)、WRデビン・フラー(ハムストリング)が制限付きの練習となりました。
クレイボーンについては、過去にも隔年ペースで怪我に悩まされていて、好調だった昨シーズンから一転して不調のシーズンとならないかが心配です。

ビーズリーはOLB、パーソンはOGで練習に参加

Falcons' Vic Beasley Jr. samples new dual role as OLB and DE (May 23, 2016) | FOX Sports
Falcons OTAs: News and notes from the first day - The Falcoholic

昨シーズンはDE、特に4−3アンダーにおける"LEO"としてプレーしていたビーズリーがOLBとしても練習に参加しています。
どうやら、ベース隊形ではOLB、パスシチュエーションのニッケル隊形ではDE(LEO)として起用されるようです。
MIAからFAで加入したシェルビーは、得意のランストップに集中できるDEに入っています。
DLではヘイゲマンがDTからDEへコンバートしていて、ベース隊形ではラン守備に重きを置いたメンバーがローテーションで入るようです。
一方、OLでは怪我のチェスターに代わってパーソンがRGに入りました。
Cでのパーソンはスナップが安定しないなどの問題がありましたが、本来のポジションであるOGであればスターターとして実力は十分だと思います。

DEフリーニーが訪問予定 

DE Freeney Will Visit With the Falcons Next Week
Falcons Waive College Free Agent OL Elenz

FAとなっているDEドワイト・フリーニーが来週ファルコンズを訪問予定とのこと。
36歳のフリーニーですが、昨シーズンはARIで8サックを記録していて、パスラッシュ・スペシャリストとしてならまだまだ魅力的。
また、このニュースと前後してUDFAを1名カットし、ロースタースペースを確保しています(現在88名)
ただ、OLにはFAでOTギブソンが加入したので、フリーニー訪問に向けた動きかどうかはわかりませんが、先日のCBホール、CBボイキンの訪問時にはロースターに動きはありませんでしたので、フリーニーは獲得の可能性が高いのかもしれません。